JALとANAの離島路線でマイル交換を開始、地域航空会社の限定特典で、長崎・鹿児島県と連携

全日空(ANA)と日本航空(JAL)、日本エアコミューター(JAC)、オリエンタルエアブリッジ(ORC)は、長崎県と鹿児島県と連携し、地域航空会社の離島路線の需要喚起を目的とする特典「しまとびクーポン」を発行する。

今回の取り組みでは、ANAのマイルでJAL傘下であるJACの奄美群島路線の7路線を、JALのマイルでANAが業務提携するORCの長崎離島路線の4路線の航空券購入時に利用できるようにするもの。ANAとJALが両社のマイレージ会員に対し、従来利用できなかった離島路線の利用を可能とすることで、離島路線の利用促進に繋げる。

具体的には、ANAマイル、またはJALのマイル1万マイル分で、「しまとびクーポン」1万5000円分(5000円分×3枚)と交換。ウェブで申し込みを受け付け、申し込み後3~4週間でクーポンを届ける。いずれも各1000セット限定で、申込受付期間は2018年絵11月5日~2019年2月28日まで。

マイル交換特典「しまとびクーポン」の概要と対象路線:発表資料より

なお、長崎県の離島では、先ごろ五島列島と長崎市・佐世保市などを結ぶ五島産業汽船が全4航路を休廃止。その後、新会社が運航を引き継ぐなどの動きがあるものの、離島とのアクセスが不安定になることで住民利用や観光への影響が懸念されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。