国土交通省、新モビリティサービスで第二回懇談会、小田急・東急・JR東日本などへのヒアリング実施

国土交通省は2018年11月6日、第2回「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」を開催する。出発地から目的地までの移動手段を一元的なサービスとして捉える「MaaS(マース=Mobility as a Service)」など、日本における公共交通分野の新たな在り方を検討するもの。

10月に開催された第一回に続く次回は、小田急電鉄、東急電鉄、JR東日本、みちのりホールディングスといった民間事業者からヒアリングを実施。その後、第一回懇談会の意見交換も踏まえた論点整理をおこなう。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。