【年頭所感】「LINEトラベルjp」ベンチャーリパブリック柴田啓社長 ―業界各社と連携で「大きな成⾧の機会」を創出

旅行情報メディア「LINEトラベルjp」をLINEと共同で運営するベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓氏が、2019年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

柴田氏は2018年、LINEとの提携をおこない「LINEトラベルjp」を展開。ウェブとスーパーアプリの活用でこれまでにない旅行サービスを進める可能性が広がったと振り返る。2019年はこの流れをさらに拡大。旅行会社やOTAなどとの連携強化のほか、観光局、自治体に向けた良質なマーケティングソリューションの提供に取り組むとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2019年 年頭初感

新年あけましておめでとうございます。

旅行、観光産業にとってテクノロジーの重要性がますます高まる中、世界のトラベル業界は新たなテクノロジーやプラットフォームの出現によって変革期を迎えていると思います。年率数十%の割合で成⾧しつづけていたオンライントラベル市場も、日本を含めた先進国では一桁%成⾧もみられるようになり、市場の成熟化が明白になってきています。このような環境下においては、テクノロジーや時代の変化に対応し新たな取り組みをしていく必要がおのずと高まります。

当社では昨年、スマートフォン上におけるテクノロジープラットフォームとしては国内最大級のLINE株式会社との提携を実行いたしました。本提携に基づきサービス名もそれまでの「トラベルjp」から「LINEトラベルjp」へと変更し、ウェブおよびアプリの両プラットフォームにて月間3千万を超えるユーザー数を獲得することができました。これにより、2つのプラットフォームを通じてより多くのユーザーの皆さまにホテルや航空券、ツアーなどの比較検索サービス、3万を超える旅行ガイド記事の配信サービスを提供していくと同時に、LINEプラットフォームを活用し、今までになかったようなユニークな旅行関連サービスを展開していける可能性が広がりました。

LINEやWeChat(中国)といった対話アプリに代表されるような、使用頻度が高く、極めて大きなユーザー規模を持つスマートフォンアプリは「SuperApps(スーパーアプリ)」とも呼ばれ、アジアを中心に、対話・チャットサービスのみならず、決済や買い物、配車サービスなど、生活に必要なありとあらゆる機能やサービスを1つのアプリ内で提供しはじめており、まさに社会のインフラサービスとなりつつあります。

こうした中、旅行商品の流通や情報提供も、このような「SuperAppsスーパーアプリ)」を通じて行われ始めており、先行する中国では既にWeChat経由で毎日10万件規模の航空券やホテル予約が発生しているとも言われています。

LINEトラベルjpでは、現在国内外250を超える旅行会社様、OTA様、ホテル様、エアライン様などのトラベル関連企業の皆さまとお取り組みさせていただいておりますが、2019年は皆さまとこうしたLINEプラットフォーム上でのお取り組みも推進させて頂くべく弊社体制を強化しております。

また、インバウンド需要も含めたデスティネーションマーケティングやブランドマーケティングという観点では、550人の旅行専門家(LINEトラベルjpナビゲーター)が執筆する「LINEトラベルjpガイド」や、世界各国に分布する250人の旅行ブロガーが執筆する「Trip101」(英語版)の二つのオンライン旅行情報メディアでのコンテンツ配信を通じて、観光局、自治体、DMO、トラベルブランドなどの皆さまにとってより良質なマーケティングソリューションが提供できるように努めて参ります。

2019年はこれらのお取り組みを通じて皆さまとご一緒に今後の「大きな成⾧の機会」を創出していきたいと考えております。

引き続きよろしくお願いいたします。

株式会社ベンチャーリパブリック


代表取締役社長 柴田啓

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。