【年頭挨拶】リクルートライフスタイル執行役員 宮本賢一郎氏 ―「じゃらん」で新販促プログラム、旅行体験の満足度向上へ

リクルートライフスタイル執行役員・旅行領域担当の宮本賢一郎氏が2019年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

宮本氏は、同社の基本方針「地域を共に創る」「需要を創る」「需要に応える」に即した活動に加え、今後に向けた販促プログラムの展開として、新たな会員ランク設定を検討中であることを表明。旅行者の拡大のみならず、タビマエ、タビナカ、タビアトの旅行体験の満足度向上に努め、旅行業界全体の活性化に貢献していきたいとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2019年 年頭挨拶

2019年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2018年は、豪雨や台風、地震など自然災害の多い年となりました。観光マーケットにとっては厳しい時期もございましたが、各社で「13府県ふっこう周遊割」「北海道ふっこう割」の提供を行い、『じゃらん』での利用も多く一定の貢献ができたのでは、と思っております。

また我々にとっては、新たなサービスコンセプトを発表し、新たな決意をした年でもありました。

我々は、2015年に「旅行予約サービス」から「旅行情報サービス」へと進化するため「地域を共に創る」「需要を創る」「需要に応える」という基本方針を発表しました。基本方針にのっとり、日本が抱える観光の課題に対峙し、魅力向上と需要の掘り起こしに挑戦してまいりました。しかし、日本の観光業界に目を向けると、国内の宿泊旅行実施率は減少傾向にあります。そこで、『じゃらん』のサービスコンセプトを「360°トラベルパートナー」と設定し、宿泊施設・地域のパートナーとして、旅行業界に貢献するべく「国内総旅行回数増加」に取り組むことを発表しました。

我々は、魅力的なコンテンツを発掘・発信し、多くの方に旅行の魅力を感じてもらうことで、旅行回数を増やし、旅行業界全体の活性化への寄与を目指しております。この方針は、引き続き変わりませんが、今後に向けて販促の新しいプログラムを検討しております。旅行頻度などの利用状況に応じた会員ランクを設けることを検討しており『じゃらんnet』会員へのクーポンやポイントなどを用いた特典提供を行うことで、旅行予約のきっかけを増やしていければと思っています。他にも、若年層の行動支援プラットフォーム「マジ☆部」の活動を通じ、8シーズン目を迎えた『雪マジ!19』をはじめ、長期的な国内の若年層の需要創造にも取り組みます。2017年度の「マジ☆部」の会員は累計で119万人にのぼりました。無料というキッカケで、若いうちから地域での豊かな観光・レジャー体験をしてもらえる状況となっていると同時に、『じゃらんnet』の19歳会員の割合も増加しており将来の旅行カスタマーの開拓にも寄与していると言えそうです。

また、旅行回数を増やす重要な要素の一つは「満足度の向上」です。旅行者を増やすことはもちろん、旅前、旅中、旅後の旅行体験の満足度向上のために、我々は宿泊施設に対する疑問を24時間チャットで解消できる「トリップAIコンシェルジュ」など新たなサービスを提供しております。中でもアクティビティの予約サービス「じゃらんnet遊び・体験予約」は、レジャー・アクティビティ予約サイトにおけるネット予約可能プラン数、ネット予約利用率で2年連続No.1となりましたが、より地域の魅力、旅行の魅力を感じていただく機会の拡大に貢献できるよう、さらなる提供価値向上を目指してまいります。

まだまだ地域には、地域の方々が気付いていない魅力が多くあります。我々は、宿泊施設のみならず、旅の魅力、地域の魅力をしっかりと伝えていき、日々の生活を豊かにする新たな機会の提供に全力で取り組みます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社リクルートライフスタイル


執行役員 旅行領域担当
宮本賢一郎

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。