JAL、フィジー航空と共同運航を開始、香港とシンガポール路線でも

日本航空(JAL)は、フィジーエアウェイズとのコードシェアを開始した。対象は、フィジーエアウェイズが運航する成田/ナンディ線と、香港/ナンディ線、シンガポール/ナンディ線の計3路線。

成田/ナンディ線は火曜日と金曜日、日曜日の週3便だが、香港/ナンディ線は月曜日、水曜日、木曜日、土曜日、日曜日の週5便、シンガポール/ナンディ線は月曜日、土曜日の週2便。これにより、日本/フィジー間のアクセスの選択肢が拡充し、利便性も向上する。

コードシェアの開始日は、成田/ナンディ線が2019年2月26日から、 香港/ナンディ線が2月27日から、シンガポール/ナンディ線は3月2日から。対象路線のスケジュールは以下の通り(政府認可が条件)。

コードシェア対象便(運航会社:フィジーエアウェイズ)

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。