羽田空港、国際線ターミナル名称が「第3旅客ターミナル」に変更に、駅名なども

国土交通省は羽田空港のターミナルビル等の名称について、2020年3月から変更する予定を発表した。

2020年3月から第2旅客ターミナルビルで国際線対応を開始するのに伴うもの。これにより、羽田空港での国際線は現在の国際線旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルの両方で対応することになるため、混乱が生じないように変更を決定した。

国際線旅客ターミナルの新たな名称は「第3旅客ターミナルビル(略称:第3ターミナル)に変更となる。

また、駅名も、東京モノレールでは「羽田空港国際線ビル駅」を「羽田空港第3ターミナル駅」とし、あわせて第1ビル駅と第2ビル駅もそれぞれ「羽田空港第1ターミナル駅」「羽田空港第2ターミナル駅」へと変更。京浜急行も「羽田空港国際線ターミナル駅」は「羽田空港第3ターミナル駅」とし、「羽田空港国内線ターミナル駅」も「羽田空港第1・第2ターミナル駅」に変更となる。

このほか、国際線駐車場も「第5駐車場(略称:P5)」に変更となる。詳細は下記の表のとおり。

変更にあたり、官民合同で立ち上げた「羽田空港広報協議会」が周知活動を徹底していくとしている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。