鳥取県、今年もピンク色で地域活性化、5月1日「恋の日」でピンクのSLなど

鳥取県は5月1日(51=こい)を「恋の日」とし、「恋の色」でもあるピンク色で県内の魅力発信や地域活性化を図るイベントを開催する。

同イベントは2016年に開始。若桜鉄道のSLをピンク色に塗って披露したところ、鉄道ファンをはじめ、多くの観光客が訪れた。以降、今年で4回目のイベントとなる。

今年は4月28日に若桜鉄道の若桜駅でピンク色のSLを披露。5月6日まで、構内で展示する。人気の観光列車「昭和」や「八頭号」とのコラボ写真も、タイミング次第で撮影できるチャンスもあるという。若桜駅では4月28日、ピンク色に染まる「恋山形駅」のハート形絵馬も、先着51名にプレゼントする。

さらに東京都内でも、「鳥鉄の旅×PINKスピンオフイベント」を開催。4月23日~5月12日まで、秋葉原の「鉄道居酒屋Little TGV」で、ピンクカレーやピンクSLカクテルなどピンクの限定メニューを提供する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。