タビナカ予約「Klook(クルック)」が日本市場に本格参入、日本語対応を開始、行列に並ばないなど特典や特別料金を強みに

旅行中のアクティビティ・体験予約サービス「Klook(クルック)」を運営するクルック・トラベル・テクノロジーは2019年4月24日、日本市場への本格参入を発表した。同日付で日本語でのサービスを開始したもの。今後は世界270か所・10万件以上の体験サービスを、日本語を含む全9言語と41種類の通貨で利用可能となる。

同社は2017年11月に法人を東京に設立した後、東京と大阪でオフィスを開設。インバウンドを中心に事業を展開してきた。今後は2020年以降に日本で開催される世界的なイベントも視野に国内拠点をさらに拡大。日本人旅行者に向けたサービス強化もおこなうことで、インバウンドとアウトバウンドの両市場を推進していく。

日本市場への本格参入に合わせ、クルックでは(1)厳選したアクティビティと500万を超える利用者の生の声、(2)行列に並ばなくて済むなどのKlook独自の特典や特別料金、(3)QRコードやEチケットによるスムーズなサービス利用、(4)電話やメール、チャットによる多言語での24時間サポートと40種類以上の通貨やさまざまな決済への対応、の4点を実践。信頼性の高いサービスを安心かつスムーズに利用できることを旅行者のメリットとして強調している。

同社は先ごろ、投資ラウンドシリーズD+で2億2500万米ドル(約248億円)の調達を発表。日本を最重要市場のひとつに位置づけ、事業展開を強化する計画を発表していた。

Klook(日本語版)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。