世界急成長ホテルチェーン「OYO(オヨ)」、タビナカ体験プランを開始、ワインテイスティングやライブイベントなど【外電】

世界中の新たなマーケットで次々と宿泊施設を開業するインド拠点のホテルチェーン「OYO Hotels & Homes (オヨホテル)」はこのほど、本拠地インドで体験プランの提供を始める。

新サービス名は「OYO Near You (オヨ・ニア・ユー)」。ワインテイスティングやコメディショー、ライブ、映画上映会などの企画イベントをオヨの施設で提供。デリーとその近郊を皮切りに、近くインド国内の他の8都市にも展開していく予定だ。

※この記事は、世界的な旅行調査フォーカスライト社が運営するニュースメディア「フォーカスワイヤ(PhocusWire)」に掲載された英文記事を、同社との提携に基づいて、トラベルボイス編集部が日本語翻訳・編集したものです。

イベントは、地元の人々と宿泊客の両方に開放。料金は1人約5ドルで、無料ドリンク付き。屋台の料理も無料で楽しめる。エンターテインメント企業GoParties(ゴー・パーティーズ)と提携してこれらの体験型サービスを提供する。

オヨホテルの最高執行責任者(COO)アンキット・タンドン氏は「OYO Near Youで私たちが目指していることは、旅行者だけでなく多彩な新しい体験を試してみたい地元の人々にも、快適で信頼できるおもてなし体験を手頃な価格で提供する業務を強化していくこと」と説明。

「我々はこのブランドを通じ、顧客に厳選された独自イベントを提供し、施設近隣を活性化し、エキサイティングな場所にしていくことを目指している。今日、旅行者は快適さの観点だけからホテルを見るのではなく、ユニークな体験を提供して滞在を有意義なものにしてくれるホテルの方を好む傾向にある。中規模ホテルに予算を充当することを選択した当社OYOは、旅行者と地元の人々を対象としたこのような体験への投資やその企画ではホテルチェーン業界トップを走っている」

オヨホテルによれば、「OYO Near You」の体験型イベントのほとんどはミレニアル世代を狙ったブランドOYO Townhouse(オヨ・タウンハウス)で開催される。2019年末までに約400のタウンハウスの開業が予定されているが、現時点では、インド国外での「OYO Near You」の展開は予定されていない。

オヨは2019年4月初に資金調達シリーズEラウンドで10億ドルの資金調達を実施しており、Airbnb (エアビーアンドビー)も投資家として参画していることを明らかにしている。

オヨによれば、同社はアジアを中心に500以上の都市で事業を展開しており、1万8000軒以上のフランチャイズ形式あるいはリース形式のホテルを所有。また同社チェーンの一部として1万軒を超えるホームとヴィラを所有している。

※この記事は、世界的な旅行調査フォーカスライト社が運営するニュースメディア「フォーカスワイヤ(PhocusWire)」に掲載された英文記事を、同社との提携に基づいて、トラベルボイス編集部が日本語翻訳・編集したものです。

※オリジナル記事:OYO enters experiences space with “OYO Near You”


著者:ミトラ・ソレルス(Mitra Sorrells)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。