フィリピンのボラカイ島、オーバーツーリズム回避でクルーズ船の乗入れ規制、年内に4回の閉鎖期間を設定

米・観光産業ニュース「スキフト」によると、フィリピン政府が同国中部のビーチリゾート「ボラカイ島」へのクルーズ船乗り入れ規制を強化する。

今回の報道によれば、規制の対象は2000名以上の旅行者を乗せたクルーズ船。この春の閉鎖期間は2019年4月24日から5月31日まで。また、フィリピンの祝日All Saints(諸聖人の日)~All Souls Day(万霊節)にあたる10月26日から11月8日まで、東南アジア競技大会が開催される11月23日から12月19日まで、年末年始休暇の12月20日から翌年1月5日も対象になるという。

ボラカイ島はオーバーツーリズム(観光客の増えすぎ問題)の影響で、海洋汚染などが深刻化。昨年6か月にわたりビーチを閉鎖する措置をとった結果、2018年に島を訪問した観光客は2017年の200万人から5割以上減少。2019年1月から2月にかけて、中国の旧正月期間もクルーズ船の訪問を禁止していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。