JTB、NTTドコモら、特産品の「食」で地域ブランド化の支援サービスを開始、レシピ開発から販路拡大まで

JTBとABCクッキングスタジオ、NTTドコモは、地域のブランド化を特産品とその食で取り組むサービスを地方自治体向けに提供する。3社のノウハウを活かし、特産品のリサーチから開発、プロモーション、販路拡大を一気通貫で支援する。地域の6次産業化と観光事業の活性化に繋げる取り組みとする。

具体的には、地域にある特産品のなかから、国内外のマーケットニーズに合うものを選定。ABCクッキングスタジオがオリジナルレシピを開発し、料理教室プログラムを提供する。JTBは、このプログラムを組み込んだインバウンド向け体験型コンテンツを企画化。ドコモのデジタルプロモーションで、これらの魅力を国内外に発信する。JTBが運営する産農作物の越境ECサイト「J’s Agri」を通じた、海外販売もサポートする。

第一弾として、奈良県三郷町に同サービスを提供。地域の特産である「黒豆」や「温泉イチゴ」、「メロン」を用い、地域の魅力を体験する機会を創出して、観光を入り口に地域活性化を図っていく。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。