愛知・岐阜・三重版のレストラン格付け「ミシュラン」発表、3つ星は3軒、東海地方の名物カテゴリーが選出

日本ミシュランタイヤは2019年5月14日、「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」を発表した。風土や文化が異なる3県全域を同時調査、1冊で展開するのは初めて。三つ星レストランは、愛知県名古屋市の寿司料理店「右江田」、同日本料理店「ひじ方(ひじ=土の右上に点)」、三重県伊勢市の寿司料理店「こま田」の3軒を選出した。書籍は5月17日から発売する。

二つ星は14軒、一つ星は51軒。このうち、愛知県豊川市の「ガチ麺道場」はラーメンとして星付きとして掲載されるのは東京エリア以外では初、4軒目となる。愛知名物ひつまぶしを提供するうなぎのカテゴリー、岐阜県の高山ラーメン、三重県の伊勢エビや鯉の飲食店も多数選出するなど、東海地方の特色を反映したラインナップとなっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。