Wi-Fi貸出し「ビジョン」、海外通貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」に出資

海外渡航者向けWi-Fiルーターレンタルなどをおこなうビジョンはこのほど、空港で海外通貨を電子マネーに交換できるサービス「ポケットチェンジ」運営会社への出資を実施した。

ポケットチェンジは、海外旅行で余った通貨や日本円などを交通系電子マネーや各種ギフトコード・クーポンなどに交換できる仕組み。現在、日本国内の空港や旅行代理店、商業施設など43か所に専用端末を設置している。

加えて、ポケットチェンジでは2019年度から誰でも専用のオリジナル電子マネー(ハウスマネー)を発行できるプラットフォーム「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」を展開。発行された電子マネーはユーザーのスマホにチャージされ、店舗や地域・個人間の取引に使える仕組みを提供している。

ビジョンは2017年5月にポケットチェンジと戦略的業務提携を締結。また2018年11月には、海外旅行で余った外国硬貨・紙幣を郵送で受け付けることでAmazonギフト券に交換する「エアポケットチェンジ」事業を展開してきた経緯がある。ビジョンはポケットチェンジが展開する「手元にある外貨の有効活用」を支援するサービスに共感し、今回の出資に至ったとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。