スターアライアンス、生体認証技術でNECと協業、シームレスな搭乗手続きサービスを2020年3月までに提供へ

ANAらが参画する世界の航空連合「スターアライアンス」は、NECと生体認証を活用した本人確認プラットフォーム「スターバイオメトリクスハブ」の開発で協業する。NECは、米国国立標準技術研究所の動画顔認証技術ベンチマークテストで1位の性能評価を獲得しており、プラットフォームの開発ではこの世界ナンバー1の認証制度を有する顔認証技術を活用。2020年3月までにアライアンス加盟各社のチェックインでシームレスな手続きを実現し、旅客の体験価値の向上を図っていく。

スターアライアンスが取り組んでいるのは、加盟各社のモバイルアプリで事前に顔画像とパスポート情報を登録した旅客に対し、アプリや空港のキオスク端末でチェックインをした場合に顔認証による本人確認のみで通過を可能とすること。これにより、従来行なっていた手荷物預けやラウンジ、搭乗ゲートなどでのパスポートと搭乗券の提示を不要とし、各手続きでの待ち時間の短縮化とスムーズな搭乗を実現。空港や航空会社職員の業務効率化も図っていく。ただし、空港によっては保安検査や出国審査でパスポートの提示が求められる場合もある。

今後スターアライアンスとNECは、同プラットフォームをホテルや商業施設、レンタカーなどの様々なサービスでも展開する予定。生体情報を共通IDとしたシームレスな旅行体験の提供を目指すとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。