JR東海、ラグビーW杯観戦の訪日客に周遊きっぷをネット販売、沿線の周遊促すクーポン配布も

東海旅客鉄道(JR東海)は2019年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019に向け、観戦を目的に来日する外国人観光客の利用を見込んだ商品や特典を提供する。

例えば10月1日には、高山・北陸エリアや富士山・静岡エリアなど4つの周遊きっぷを対象に、海外でのオンライン販売を開始するほか、旅行先で訪日客が使えるスマートEX特典を拡大。

また、9月10日には旅行雑誌「るるぶ」との連携による沿線エリアのガイドブック配布や、訪日客の関心の高いアートや伝統文化体験でコンテンツの紹介とデジタルクーポンを配布し、沿線での周遊を促す。このほか、日帰り旅行商品の拡大や、主要駅でラグビー2019組織委員会と連携したイベントなども実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。