ブッキングドットコム、配車サービスを開始、東南アジアのスーパーアプリ「Grab(グラブ)」と連携

ブッキング・ドットコム(Booking.com)はこのほど、東南アジアを拠点とする配車アプリ「Grab(グラブ)」とパートナーシップを締結した。これに伴い、オンデマンド配車サービスを開始。ユーザーは今後、ブッキング・ドットコムのアプリから配車サービスを利用できるようになる。

第一弾として、10月29よりシンガポールで展開し、その後東南アジア8カ国(カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン)で利用可能となる計画だ。

グラブは現在、数百万人もの運転手を擁しており、東南アジアで旅行者向けにサービスを提供するほか、食事や梱包品の配送をおこなうなど地元の生活に重要なサービスを提供する「スーパーアプリ」として人気がある。運転手はすべて厳しい身辺調査を完了しているほか、ユーザーからの評価も確認できるため、安心・安全に利用できるのが特徴。ダウンロード数は1憶5000万以上におよぶという。

ブッキング・ドットコムは両者が連携することで、アプリを使ったキャッシュレス決済やユーザーの母国語を使ったカスタマーサービスも実現。現地を移動する際に障害となる言語や通貨の問題の解決につながると期待している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。