電車・空港などのアナウンス音声をスマホで受信、ラジオ放送ネット配信「ラジコ」のアプリで、ヤマハの技術活用

ヤマハと地上波ラジオ放送のネット配信を手がけるradikoは、ラジコアプリに「街の情報」機能を実装する。ヤマハが開発した「SoundUD」を活用し、対応した電車・バス・空港・店舗などのアナウンス音声をラジコアプリで検知すると、利用者は運行情報や緊急時の防災情報、クーポンなどを受信できる仕組みだ。

SoundUDは電車や施設内のスピーカーから音響通信信号を発信し、それをスマホマイクで受信することで、さまざまな情報をスマホ画面に表示する技術。ヤマハが推進する「SoundUD推進コンソーシアム」を通じた音のユニバーサルデザイン化にradikoが賛同した。従来のラジオコンテンツの提供に加え、生活に密着したオーディオとして役立ててもらえるようにする。両社は「今後も有益な情報インフラの役割を果たし、ユーザビリティを向上していきたい」としている。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。