宿泊施設の管理システムと「スマートロック」が連携、カギ番号の自動発行で受け渡し業務を一元化

構造計画研究所が販売するスマートロック「Rmoote LOFK(リモートロック)」は、タップ社の小規模宿泊施設向けのホテル基幹システム(PMS)「accommod(アコモド)」とシステム連携した。これにより、アコモドの画面上でルームキーの受渡しに関する業務を一元的に行なうことができるになる。

リモートロックは遠隔管理ができる暗証番号型のスマートロック。キーレスでカギの受け渡しができるのが特徴だ。

今回の連携では、アコモドの画面上で、ルームキーとなるリモートロックの暗証番号を管理し、自動で発行。部屋割と同時に暗証番号を自動生成し、宿泊客に送信する。暗証番号の有効期限の設定や即時変更、画面上での本体電池残量の確認などに対応する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。