JR東日本グループが海外展開を加速、台湾にホテルを初出店、2021年に開業へ

JR東日本グループは2021年初頭、台湾・台北市にラグジュアリーホテル「ホテルメトロポリタンプレミア台北」に開業。JR東日本グループにとって、初の海外でのホテル展開となる。JR東日本グループホテルでは2018年、台湾から約8万1000人の利用があり、日本で迎え入れたノウハウを台湾でも最大限に生かしていくという。また、本ホテルの出店を機に、生活サービス事業の海外展開も加速する方針だ。

ホテルは台北市街中央部に位置し、MRT「南京復興駅」に隣接、松山空港までも車で10分の好立地に建つ。地上15階、地下6階建ての建物に288室の客室とレストラン、宴会場、スパ、ジムなどを備え、観光やビジネス双方の需要を見込む。

ホテル出店にあわせ、JR東日本グループの台灣捷爾東事業開發股份有限公司と日本ホテル株式会社が、福康投資股份有限公司とホテルを運営する合弁会社を台湾で設立。福康投資股份有限公司は、台湾の大手ホテルチェーンであるハワードグループ元総裁の廖東漢氏が、JR東日本グループと共同でホテル事業を展開する目的で設立された。2018年にJR東日本グループとハワードホテルグループ/フォルテホテルグループは、相互の強みを生かす営業提携に合意し、提携契約を締結している。

なお、JR東日本グループでは現在49施設7378室を展開。2019年11月7日以降は、2021年春までに10施設2032室を開業する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。