トラベルポート、API接続でカンタス航空のNDCコンテンツ予約が可能に

トラベルポートは、カンタス航空のカンタス・ディストリビューション・プラットフォーム(QDP)など NDCの取り組みをサポートする新たなステップとして、NDC に準拠したカンタス航空の予約にAPI接続を行った。これは、2019年第3四半期に行われたNDC コンテンツテスト予約に続くもので、トラベルポートの最新API「トリップサービス」を通じて作成された初めてのカンタス航空NDCコンテンツとなる。

トラベルポートは、パートナーのATPIとマキシムトラベルと、2019年を通じてトリップサービスの開発を進めてきた。現在までのところ5社とのNDC接続を完了。テスト予約に協力している旅行会社では、デスクトップソリューションある「スマートポイント」上でライブ予約が行われている。

トラベルポートはNDC開発を2012年から進めているが、平行してリッチな情報を提供する手段として、「リッチコンテンツ&ブランディング」という機能をすでに提供しており、カンタス航空を含め270社を超える航空会社が利用している。また 90社の340種のアンシラリーサービスも提供している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。