民泊エアビーが「ハイブリッド型レジデンス」展開へ、小山薫堂氏プロデュース企業と、民泊運用型セカンドハウスも

民泊仲介Airbnb(エアビーアンドビー)と放送作家小山薫堂氏が代表を務めるオレンジ・アンド・パートナーズはこのほど、ハイブリッド型レジデンスと民泊運用型セカンドハウスの共同プロデュースを開始した。オレンジ社は、同事業で日本初の公式プロデュース企業パートナーとなっている。

今回の取り組みは、物件所有者が利用しない時のみ民泊として貸し出すことで、経済的メリットと暮らしの豊かさを両立させるとするもの。ビジネスパーソンの複数拠点化や平日と週末の二拠点化といった居住形態のニーズの高まりに対応する。ハイブリッド型レジデンスはホテル機能と民泊運用型賃貸満床の機能を備える一方、民泊運用型セカンドハウスはリゾート地で展開する。

第一弾は、2021年秋にオレンジ社独自のブランド「Good Life &Travel(仮称)」として福岡県に開業予定。共同プロデュース物件は、指定のロゴマークを用いてブランディングをおこない、エアビーのみで予約が可能となる。

両社は、コンセプトキーワードとして「ミニマルリッチ(Minimal rich、ものをシェアすることによるメリハリのある暮らし)」「タイムウェルスペント(Time well spent、住みたい時に住み、貸したいときに貸す有意義な暮らし)」「テロワール(Terroir、その土地に根付いた食や文化を楽しむ暮らし)」「セレンディピティ(Serendipity、出会いの偶然性をデザインし、刺激しあう暮らし)」を設定。「旅するように暮らす」環境デザインを提案していく考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。