スマホアプリのユーザー増加率トップは「PayPay」、決済系が大きく伸び、ポイント管理アプリも上位に

マーケティング調査をおこなうヴァリューズは、ウェブサイトとアプリ市場のユーザーランキング(2019年1月~10月)を発表した。それによると、スマホアプリの起動ユーザー数トップは「LINE」の9300万人。続いて「Twitter(ツイッター)」が5300万人、「Amazon ショッピング」が4900万人。「Yahoo!(ヤフー)」は5位になったほか、天気や乗換案内、ショッピングなどさまざまなサービスが上位になっている。

アプリのユーザー増加数の1位は2018年10月にサービスを開始したスマホ決済アプリ「PayPay」。また、「d払い」は前年比約4倍、「Google Pay」が約2倍など、決済系の大きな伸びが特徴的だ。さらに「dポイントクラブ」「T-POINT」「楽天PointClub」「Pontaカード」など、会員向けポイント管理アプリが多数上位にランクされた。

アプリ利用者の増加数ランキングは以下のとおり。

ヴァリューズ:報道資料より

一方、ウェブサイトのユニークユーザー数トップは検索エンジンのGoogle(グーグル)、2位がAmazon(アマゾン)、3位が楽天市場。2位と3位は大手ECサイトのユーザー数が拮抗するかたちとなった。

ユーザー数の増加数をみると、1位はここでも「Google」。ただし、2位「Smartザ・テレビジョン」、3位「FNN.jpプライムオンライン」など、芸能・テレビ番組に関するメディアが上位にランクされた。

サイト訪問者の増加数ランキングは以下のとおり。

ヴァリューズ:報道資料より

この調査は、ヴァリューズのモニター(20歳以上の男女)による行動ログを分析したもの。ウェブサイトのユーザー数はPCまたはスマホからのアクセスをもとに推計。アプリユーザーはAndroidスマホでの起動データをもとに推計。Google ChromeやGmailなどのプリインストールアプリは対象外。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。