羽田空港の新飛行経路で実機飛行、運用確認と騒音測定を実施、1月30日から

国土交通省航空局は、今年3月29日からの羽田空港の新飛行経路の運用開始・国際線の増便に向けて、1月30日から3月11日の期間内に、北風・南風それぞれ7日間程度、管制官が新飛行経路の運用の手順などを確認するほか、新たに設置した航空機騒音測定局の調整を行うための実機飛行を実施する。

また、実機飛行による確認に併せて、新飛行経路の運用に伴う騒音影響の実態を把握し、情報提供を行うため、新たに航空機騒音測定局を設置する18ヶ所で、調整中の騒音測定局とは別に臨時で航空機の騒音測定を実施する。測定結果については、測定日の翌営業日に速報結果、測定日の概ね3日後に詳細な測定結果をホームページで公表する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。