楽天、宿泊施設向け保険を販売へ、当日キャンセルや悪質なSNS投稿のリスクを補償

楽天損害保険(楽天損保)は2020年2月18日、楽天トラベルの登録宿泊施設向けに「楽天トラベルお宿の保険」を販売開始する。

今回の保険は、宿泊施設に向け、旅館業務に起因する顧客への損償責任をはじめ、連絡なしのキャンセル(ノーショウ)による利益減少リスク、従業員による悪質なSNS投稿による風評被害などに備えるもの。

オプションとして、食中毒や特定感染症による売り上げ減少リスク、顧客の車両を預かった際の破損リスクや従業員が運転する際の対人・対物事故リスクなどにも対応する。

加入手続きは、楽天トラベルが運営する登録宿泊施設向けの管理画面からおこない、ネットで完結できる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。