JR東日本、上越線・土合駅にグランピング施設を開業、無人駅の活用でで駅舎内に「モグラハウス」など

JR東日本とJR東日本スタートアップは、「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したVILLAGE INCと協業し、群馬県の上越線土合駅にて無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」を開設する。期間は2020年2月12日(水)から3月22日(日)まで。

土合駅は、日本一のモグラ駅として知られる場所。期間中は、駅舎内外を活用し、モニター宿泊プラン「モグラハウス」や駅舎内ラウンジ「モグcafe」を開設するほか、野外サウナを実施する。

モグラハウスは、国内初の泊まれるインスタントハウスで、一般のテントに比べて頑丈で断熱性に優れているのが特徴。テント内から電車が見える客室で非日常感を演出する。全2室で、宿泊料金は1人1万8000円(税別)。朝食と夕食も提供される。

JR東日本は、無人駅の新たな価値を提供することで、旅行者や登山者だけでなく、地元の人も気軽に立ち寄れる地域交流の場を生み出し、地域の活性化を目指す。

土合駅に設置されるモグラハウス(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。