2020年度「ジャパン・ツーリズム・アワード」募集開始、「スタートアップ賞」など新設

※編集部より:ジャパン・ツーリズム・アワードの募集は、期間が6月30日まで延長されています。応募の詳細は下記をご参照ください。

ジャパン・ツーリズム・アワード(2020年度)


日本観光振興協会(日観振)と日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)は、2020年3月2日から5月29日まで、第6回ジャパン・ツーリズム・アワードの募集をおこなう。

同アワードは、国内外の団体、組織、個人を対象に、ツーリズムの発展・拡大に貢献した取り組みを表彰するもの。今年から応募条件を緩和し、応募時点で事業を開始している取り組みも応募できることにした。

国土交通大臣賞(1本)、観光庁長官賞(3本)のほか、エクセレント・パートナー賞、DMO推進賞、デジタル活用賞、UNWTO倫理賞を用意。今年から新たに、メディア・プロモーション賞、エンターテインメント推進賞、リスクマネジメント賞(観光危機管理に対して効果的なマネジメントを行っている取り組みが対象)、スタートアップ賞(3年未満の取り組みが対象)を授与する。

関係各界の有識者が審査を進め、2020年8月下旬に最終選考結果を発表。表彰式は10月29日、「ツーリズムEXPOジャパン2020 リゾート展 in 沖縄」で行われる予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。