ANA「航空券定額制サービス」路線が拡大、定額制住み放題サービスのADDressとの連携で、発着空港の選択も可能に

定額制の全国住み放題・多拠点コリビングサービスの「ADDress(アドレス)」は、ANAホールディングスと進めている航空券定額制サービスの実証実験について、 4月以降さらに路線を拡充する。

両社は2020年2月から実証実験をスタート。羽田、新千歳、鳥取、高松、徳島、福岡、大分、熊本、宮崎、鹿児島に加えて、今回新たに旭川、新潟、伊丹、岡山、佐賀で展開する。

ADDress会員は、3ヶ月契約で月額3万円の追加料金を支払うと、 ANA国内線の指定便を片道月4回分まで利用することが可能。2ヶ月契約の場合は月額3万5千円、1ヶ月契約の場合は月額4万円の計3つの料金プランを提供する。

これまでの実証実験は⽻田発限定の往復航空券だったが、新たに、 ADDress拠点のある指定の空港であれば発着空港は自由に選べるようにした。

航空券定額制サービスの対象路線・便ADDressは大阪で初の拠点となる「ADDress枚方」を3月29日にオープンする。

新しくオープンする枚方の拠点(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。