コロナ禍中に旅行予約サイトに登録された「お気に入りリスト」、日本では7割が国内、世界では東京が6位に

ブッキング・ドットコムは、新型コロナウイルスに影響で旅行制限が世界中で続くなか、予約サイト上の「ウィッシュリスト」に登録・保存されたデータをまとめた。今回発表する「ウィッシュリスト」データは、 3月~4月の過去2ヵ月で世界中のユーザーが次の旅先のヒントとしてブッキング・ドットコムに掲載されている各宿泊施設ページのハートマークをクリックし登録・保存したもので、その数は数百万件になる。

それによると、「ウィッシュリスト」の半数以上(51%)が国内旅行という結果になった。前年同期は33%だったことから、国内旅行へのシフトが顕著に表れた。日本でも前年同期の40%から71%まで上昇。世界平均よりも国内旅行の意識が高いことが分かった。

地域別では、東京、京都、大阪、福岡など大都市圏が上位にランク。20位以内には那覇市、恩納村、石垣島、宮古島、北谷と沖縄から5ヵ所が入った。

一方、日本人の海外旅行では、ソウルが一番人気。次いでバンコク、ホノルル、台北、パリの順となった。トップ10のうち7ヵ所は東南アジアとなり、比較的近距離の海外旅行を選択している人が多い結果となった。

また、1000以上の地域の中で世界の人々から最も「ウィッシュリスト」を集めていたのは、ロンドンで、次いでサンクトペテルブルク、パリが続いた。東京が6位で、そのほか日本の都市では京都府が27位、大阪府が29位に入った。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。