渋谷区、遠隔地から音声で体験できる観光スポット情報を提供、地図上から、ポストコロナに備え

マーケティング事業を展開するDGマーケティングデザインと制作プロダクションのジュニは、渋谷区の観光情報を独自のサウンドコンテンツとともに楽しめる「SoundMap Shibuya」の提供を開始した。この取り組みには、渋谷区観光協会が監修協力している。

SoundMapは、カカクコムとKDDIが共同で運営するオープンイノベーション研究開発組織「DG Lab」が開発したWeb AR技術を活用し、地図上の位置情報とWeb AR技術が一体となったアプリレスでの「音のAR体験」を提供するプログラム。SoundMap Shibuyaでは、英語と日本語で渋谷区の観光情報を提供する。

ユーザーは、海外などの遠隔地から地図を表示し、渋谷区の各スポットの案内を音声で体験することが可能。 ポストコロナを見据え、将来のインバウンド来街者や旅行者の増加を目指す。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。