高速バス57社、コロナ禍で安心推進コンソーシアムを創設、乗客の声や知見の共有でサービス向上へ

全国の高速バスを運行する57社が、高速バス安心推進コンソーシアムを創設した。コロナ禍における高速バスに対する安心を醸成する目的。高速バスを利用する乗客の視点、行政や有識者を始めとするさまざまな知見やアドバイスを共有し、各社のサービスに役立てるとともに、乗客にも啓発していく。

具体的には、アンケートで乗客の声を収集し、コンソーシアムメンバーで共有。対策について意見交換を行った上で、行政や有識者からアドバイスをもらい、各社の取り組みに役立てる。なお、事務局はWILLERと楽天がつとめる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。