京急、MaaSで「電車+キャンピングカー」、ホテル駐車場に車中泊スポット、混雑回避と観光資源の再発掘を

京浜急行電鉄とCarstay(カーステイ)は、電車とキャンピングカーを組み合わせたMaaS連携を開始する。第一弾として、Carstayの提供する車中泊スポットの登録・検索・予約シェアサービス「カーステイ」に、京急が三浦半島の新たな車中泊スポットを3カ所開設し、提供する。

Carstayは、京急がサムライインキュベートとともに新規事業の創出を目指して運営する「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第3期の参加企業。「カーステイ」以外にも、キャンピングカーなど車中泊仕様の車のカーシェアサービス「バンシェア」などの「バンライフ」プラットフォーム事業を展開している。

「バンライフ」とは、荷台スペースが広い車を、家やオフィスのように作り変え、車を遊ぶ・働く・暮らしのひとつの拠点とする新たなライフスタイルのこと。

今回は、京急グループが運営する「ホテル京急油壺 観潮荘」(三浦市)と、「観音崎京急ホテル」(横須賀市)の駐車スペースを「カーステイ」に登録。また、新たな車中泊スポットとして、2020年11月に城ヶ島(三浦市)を加える。

両社は、今回の取り組みを通じて、三浦半島における観光資源の再発掘や混雑を避けた観光提案など地域経済の活性化を目指していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。