星野リゾート、国内宿泊施設の再生ファンド開始、2020年度中に100億円規模で

星野リゾートと投資銀行のリサ・パートナーズは、2020年10月30日付で国内の宿泊施設を対象とした「星野リゾート観光活性化投資事業有限責任組合」(星野リゾート観光活性化ファンド)の運用を開始した。

三井住友ファイナンス&リース、三菱UFJ銀行、大和ライフネクストらがLP出資し、総額約50億円でファンドの組成を完了。コロナ禍において、日本国内の優良なホテル・旅館の事業継続をサポートし、収束後の観光・宿泊産業の早期回復を目指す。

今後さらに金融機関、事業会社などの機関投資家から追加出資を募り、2020年度中に出資総額100億円規模での運用を予定している。星野リゾートは施設運営支援に携わる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。