トラベルボイスLIVE【11月開催】(オンライン版) 再開した海外出張、知っておくべき入国や現地の最新情報と、準備やリスク回避策(PR)

観光産業ニュース「トラベルボイス」は2020年11月19日と26日、ライブイベント「トラベルボイスLIVE ―withコロナ時代の海外業務渡航、求められる手配とリスク回避」を開催する。

今回のテーマはコロナ発生後、動き始めた海外業務渡航について。

海外旅行者向けにWi-Fiルーターなどのモバイル通信機器レンタルサービスを行なうテレコムスクエアと共同で、オンラインで開催する。同社取締役通信営業本部長の田村正泰氏と、トラベルボイス代表取締役社長CEO鶴本が出演し、業務渡航向け通信機器レンタルの受注状況や、空港と航空、出入国管理のオペレーション状況、海外出張を再開した企業や出張者の実話などをもとに、ニューノーマル時代の業務渡航で起こっていること、起こりえるリスクなど、最新トレンドを解説する。

例えば、出入国時の変化では、台湾が入境者に現地回線の電話番号の登録を義務付けたり、韓国やハワイのような追跡アプリを導入する国地域がある。取り組みは様々で、コロナ期には各国地域が設定した、防疫プログラム等への対応が不可欠だ。こうした情報は出張業務だけでなく、観光での渡航再開時にも、参考になるはずだ。

また、withコロナ時代に出張企業が注意を払うポイントを取りまとめ、いま、一番求められる安心安全のために、旅行会社が顧客企業に提供できるリスク回避策なども提案する。

テレコムスクエアによると、同社が出張者に貸し出すアイテムや提供サービスの受注状況にも変化があり、withコロナ時代に業務渡航を行なう企業や出張者のニーズの変化が垣間見えるという。

当日提供する内容(予定):

  • 海外業務渡航時に必要な手続きの主な事例(出国から現地入国、帰国まで)
  • レンタル品受注状況から見える渡航先ランキングと上位国の受入体制、注意すべきポイント
  • 企業がコロナ禍の海外出張で求める携行品とその理由
  • 企業・出張者の体験談と、今の時代に求められる安心安全のポイント
  • withコロナ時代の業務渡航手配の変化と注意点

参加料は無料で、両日ともに同じ内容をライブで提供。毎回先着500名で受け付ける。

トラベルボイスLIVE・オンライン版

―再開した海外出張、知っておくべき入国や現地の最新情報と、準備やリスク回避策―

11月26日(木)のセミナーに登録する

(Zoomのサイトに移動します)

※2回とも内容はまったく同じですので、登録はくれぐれも「どちらか1日のみ」でお願いします。いつも満席になり、参加できない方が数多くいます。ひとりでも多くの方にご参加いただくために、ご理解とご協力をお願いいたします。

※今回のトラベルボイスLIVEは「Zoom」を使っておこないます。もし会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールで登録いただき、個人のスマートフォンやPCでご覧ください。

詳細は以下の通り。

開催概要

  • タイトル:トラベルボイスLIVEオンライン版【11月開催】 再開した海外出張、知っておくべき入国や現地の最新情報と、準備やリスク回避策
  • 開催日時:
    • 2020年11月19日(木)16時00分 開演
    • 2020年11月26日(木)11時00分 開演
      ※オープニングからご覧いただけるよう、5分前までにはアクセスしておいてください
  • 所要時間:1時間(予定)
  • 開催形式:Zoom(ズーム)ライブ配信(事前登録者のみ閲覧できます)
  • 定員:各日とも先着500名
    ※定員に達した後は、キャンセルが発生して空席ができた場合のみ、申込みが可能。
  • 参加登録:このページ内の赤いボタンから、日付を指定して登録してください
  • 参加方法:参加登録時に通知される、専用のリンク(URL)から、お手持ちのPCやスマートフォンを使ってご参加ください
    ※会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールでご登録いただき、個人のスマートフォンやPCでご覧ください。
    ※メールアドレス1つに対して1つの専用リンクを発行します。専用リンクは他の方と共有はできません。
    ※共有メールアドレスで登録して、同僚など他の方が先に専用リンクにアクセスすると、登録者本人が閲覧できなくなることになります。共有メールアドレス以外でご登録ください。
  • 参加費:無料
  • お問合せ:トラベルボイスLIVE事務局(トラベルボイス内)
    e-mail:contact@travelvoice.jp

内容

  • テーマ:再開した海外出張、知っておくべき入国や現地の最新情報と、準備やリスク回避策
  • 出演:
    • テレコムスクエア取締役通信営業本部長 田村正泰氏
    • 聞き手:鶴本浩司・トラベルボイス代表取締役社長CEO
  • セッション内容:
    • 前半:再開した海外業務渡航について、出張を行なう企業と出張者の動向やニーズを、彼らの実話や出張携行品の受注状況、空港や各国受入状況をもとに解説。
    • 後半:その分析からみえてきた、ニューノーマル時代の業務渡航におけるリスク回避策の提案と手配業務の注意点、安心安全な業務渡航の「新ルール」などをトークする。

出演者紹介

 田村正泰:株式会社テレコムスクエア 取締役通信営業本部長 

早稲田大学政治経済学部卒業後、アパレルメーカーに入社。その後旅行会社、ウェディング関連会社にて企画仕入、事業開発等を兼務し経営に参画。2019年4月にテレコムスクエア入社。EC・広報部門統括を経て、2020年1月より営業、EC、カウンター店舗などを担当する取締役通信営業本部長に就任。

 鶴本浩司:トラベルボイス株式会社 代表取締役社長CEO

オーストラリア政府観光局を経て、観光産業ニュース会社「トラベルボイス」を設立。その他、観光に特化したデジタルマーケティング会社「マーケティング・ボイス」代表、テクノロジー企業「パイプドHD」(東証一部)社外取締役、観光シンクタンク「JTB総合研究所」客員研究員なども兼任。

トラベルボイスLIVE・オンライン版

―再開した海外出張、知っておくべき入国や現地の最新情報と、準備やリスク回避策―

11月26日(木)のセミナーに登録する

(Zoomのサイトに移動します)

※2回とも内容はまったく同じですので、登録はくれぐれも「どちらか1日のみ」でお願いします。いつも満席になり、参加できない方が数多くいます。ひとりでも多くの方にご参加いただくために、ご理解とご協力をお願いいたします。

※今回のトラベルボイスLIVEは「Zoom」を使っておこないます。もし会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールで登録いただき、個人のスマートフォンやPCでご覧ください。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。