ANA、年末年始など計画並みの運航へ、臨時便550便を設定、羽田/札幌、羽田/那覇など高需要路線で

(c) stock.foto

ANAは、年末年始期間を中心として高需要が見込まれる路線で臨時便を設定する。これにより、年末年始(2020年12月25日~2021年1月5日)の運航割合は計画比で101%(前年比93%)となる。

12月1日~31日の運航便数は107路線で1万9064便で運航割合は84%。12月1日~1月5日の期間に運航される臨時便は、羽田/札幌線、羽田/福岡線、羽田/函館線、羽田/那覇線などで計550便。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。