東京都、観光事業者向け支援サイト開設、「新たな日常」対応の事例紹介、オンライン人力車など

東京都はこのほど、「新しい日常」に対応した観光事業者の取り組みを紹介するホームページを開設した。アフターコロナ時代も旅行者が訪問先の安全性を重視することが想定されるなか、衛生管理の徹底や密を回避するオペレーションを導入しつつ、生産性を向上させて収益を確保している先進的なモデル事例の取り組みからヒントを得て活用してもらいたい考え。

サイトでは、飲食、宿泊施設、観光施設など、小売業、その他の業種別に都内を中心とした事例を掲載。コロナに直面した際の状況や打開策、成果を中心に紹介するとともに、新型コロナウイルス対策の関連情報も掲載する。

2020年12月1日時点では、顔認証システムを活用したチェックイン・チェックアウトの導入で非接触・非対面のサービス提供を実現した三井不動産グループ、コロナ禍でも楽しめるオンライン人力車をスタートした浅草の「福ろう屋」をはじめとした10事例を紹介。年度内には新たな事例を随時、追加する予定だ。

「それぞれ、みんなで、新しい日常 都内観光事業者向け支援サイト」

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。