【年頭所感】日本海外ツアーオペレーター協会 大畑貴彦会長 ― 観光業の在り方を再検証すべき、真の双方向ツーリズムを

日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)会長の大畑貴彦氏が、2021年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

大畑氏は、コロナ禍の現状について、当然のことを当然に行っているだけでは淘汰される時代が今まさに来ていると指摘。航空業界や大手旅行会社が生き残るためのビジネスモデル変革に舵を切ったように、ツアーオペレーターも今後の観光業のあり方を再検証し、様々な施策を始めるべきとの考えを示した。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2021年 新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。新しい年を迎え、一言ご挨拶申し上げます。

まず、各国大使閣下、(一社)日本旅行業協会様、(一社)全国旅行業協会様並びに旅行業界・関連団体の皆様には、日頃、OTOA会員並びに当協会の活動に多大なご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年は年初より旅行業界にとっては艱難辛苦な一年であったと思います。一昨年には海外旅行業界の悲願であった日本人海外渡航者数2000万人にようやく辿り着き、また訪日旅行も順調に推移し、日本の旅行産業も前途洋々と思われた矢先、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、観光産業だけではなく全世界の様々な業界の方々が悲惨な状況に陥りました。また新型コロナウイルスで多くの方々が無念にも命を落とされましたが、ここに哀悼の意を表したいと思います。

年が明けた現在も感染拡大は収まらず、世界経済が沈滞し、先行き不透明な状況が続いています。昨年末にようやく世界の英知が結集され、新型コロナウイルスのワクチンの供給が一部の国で始まりましたが、ワクチンや特効薬がどの程度有効なのかによって、2021年以降の世界の経済動向が大きく変化するように思います。また、各国がこぞって鎖国政策のように人の往来を制限しましたが、これらの政策がいつ終焉するのか全く予想がつきません。観光業界にとっては、先行きの不透明感が拭えず、航空業界や大手旅行会社も生き残るための方策を模索し、新たなビジネスモデルの確立に向けて大きく舵を切り始めました。我々ツアーオペレーター業界も今後の観光業の在り方を再検証し、様々な施策を始めていくべきと考えます。

ダーウィンが進化論で唱えた「自然淘汰」という言葉が適当かどうかは別にしても、今まさにその時が来ていると感じているのは私だけではないのではないでしょうか。不自然な環境は新型コロナウイルスに打ち勝った後も起こり得ると思います。当然のことを当然に行っているだけでは淘汰されていく時代です。しかしながら、意志あってこの業界に飛び込んだ多くの同士に対し、今は次に待つ困難がどのようなことであれ、次の時代に適合するべく不撓不屈の精神で立ち向かう気力を持ち続けていただきたいと切に願います。日本政府にもこの状況を理解していただき、今までの常識に囚われない大胆な政策遂行を是非ともお願いしたいと心から思っております。

我々ツアーオペレーターは、日本人海外旅行の発展を支えてきました。引き続き誇りをもってこの仕事に従事していく覚悟です。今後、我々の意思がどのような形で表現されるかは別として、ポジティブに物事に取り組むことが、近い将来の日本人海外旅行や訪日旅行をより一層有意義なものにできると確信しております。

最後に、この新年のご挨拶文をご覧になった方々全員が「海外旅行の復活」と「真のツーウェイ・ツーリズムの実現」を心から願っていると信じて止みません。

どうぞ本年も当協会並びに会員各社に対するご理解とご協力をお願いするとともに、皆様との「協働」を通じて2021年をより良い年にしたいと思います。

皆様方の益々のご繁栄とご多幸を祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

2021年1月

一般社団法人日本海外ツアーオペレーター協会

会長 大畑貴彦

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。