三重県で「空飛ぶクルマ」の想定ルートする実証実験、ヘリコプター飛行で志摩スペイン村/中部空港間

三重県発表資料より

中日本航空、名古屋鉄道、ANAホールディングスは2021年1月6日、ヘリコプターを利用して「空飛ぶクルマ」のルートを想定した実証実験を実施すると発表した。三重県との受託契約に基づき行うもので、三重県志摩市と中部国際空港との間を飛行する。

「空飛ぶクルマ」とは、電動・垂直離着陸型・自動(無操縦者)など、空の新しい移動手段として期待されているモビリティ。現在、世界で機体や技術開発が進められており、国内でも官民協議会が設立され、実用化に向けたロードマップが策定されている。

三重県は、空の移動革命実現に向けた飛行ルート策定業務委託の一環として、観光ビジネスでの活用を目的に実施。「空飛ぶクルマ」の代替えとしてヘリコプターを利用する。志摩市と中部国際空港間の移動には、地上交通を利用した場合、高速道路を利用しても約2~3時間かかるが、空を使った移動では約20分と大幅に時間短縮できるという。

実施期間は1月13、14日で、悪天候などに備え1月27、28日を予備日とする。各日1往復で計4フライトを運航。志摩スペイン村第3駐車場/中部国際空港間における旅客輸送、旅客機を利用した旅客の空港での乗り継ぎ、地上交通を利用した志摩スペイン村や中部国際空港での乗り換えを実際に行うことで、ルート飛行における法令や手続きに関する課題の抽出、空港や場外離着陸場での利便性確認に取り組む。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。