デルタ航空、中央席の使用制限を延長、2021年4月まで、機内での間隔確保で

デルタ航空(DL)は、新型コロナウイルス対策で実施しているミドルシート(中央席)または一部通路側席の使用制限を2021年4月30日まで延長する。機内で乗客同士の距離を確保するための措置。さらに、新たな対策として、需要の多い一部路線でスペースを十分に確保するため、大型機材への変更や便数の増加も検討する。

DLのチーフ・カスタマーエクスペリエンス・オフィサーのビル・レンチ氏は、「今後もワクチン接種率に伴って座席ブロックの検証を続けながら、機内の乗客と乗務員の健康と安全を確保したい」などとコメントしている。同社は2020年4月から中央席をブロックし、各便の搭乗客数を減らしている。 

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。