JR東日本、駅構内床のQRコード読み取りで道案内、東京駅で実証実験

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2021年3月4~14日の期間中、東京駅構内で「旅行者向け駅構内ナビゲーションシステム」のモニター実証実験を実施する。同社が駅構内の床面に敷設したQRコードを乗降客がスマートフォンで読み取ると、改札内のトイレなど設定した目的地までの経路を地図上に表示して案内する仕組み。進む方向や距離も音声で案内することで、初めて訪れた複雑な駅でも円滑に移動できる情報提供の充実を目指す。

リンクス社が開発したシステムを利用する。実証実験では、事前に選定したモニターが、東京駅構内丸の内北口から目的地リストまで移動したのち、京葉線方面まで移動した経路で有用性を調査するアンケートを実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。