長野県・千曲(ちくま)市で「脱炭素社会づくり」テーマにワーケーション、棚田農体験や観光MaaSアイデアソンなど

地域活用プロジェクトを手がける「ふろしきや」は、長野県千曲市、信州千曲観光局、長野県と提携し、2021年5月22~29日の1週間、千曲市でイベント「ワーケーション・ウェルカムデイズ(WWD)」を実施する。「ゼロ・カーボン」をメインテーマに、ストレスフリーに仕事ができる環境を確保する一方、棚田農体験、郷土料理、ビーガンBBQ、SDGsカードゲーム、水素自動車EVワーク、観光/MaaSアイデアソンといった信州での暮らしを体験できるようにする。

イベントには1日から参加可能で、募集人数は40名程度。基本料金は1万8000円で、各種イベントをオプションで選ぶ形だ。宿泊先は、信州千曲観光局がワーケーション平日連泊プラン、ふるさと納税での宿泊などを用意し受け付ける。千曲市ワーケーション体験会は過去5回開催しており、延べ130人が参加してきた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。