JR東日本、バスツアーに「途中だけ参加」できる旅行商品発売、行きたいスポットだけも可能、社員公募で新事業

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2021年6月30日、バスツアー検索・予約サービス「BUSKIP(バスキップ)」で旅行会社のバスツアー販売を開始した。JR東日本グループ全社員を対象としたアイデア募集型プログラムから生まれた新規事業。コロナ禍で商品販売を見合わせていたが、7月からの東北エリア旅行ツアー13種類を発売した。

バスキップは、観光地近くの温泉に泊まってから、途中でツアーに合流したり、既存バスツアーの行程の中から、行きたいスポットを部分的にめぐるプランを選んで利用することで、個人旅行や車の運転が難しい人に快適な旅を提案するプラットフォームだ。今後、バスツアー行程の一部を利用できる商品も順次拡充する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。