欧州開発のワクチンパスポート、約60カ国が導入検討、国際航空運送協会(IATA)が世界標準化へ呼びかけ

国際航空運送協会(IATA)は、欧州委員会(EC)が開発した「EU Digital COVID Certificate (DCC)」をデジタルワクチン接種証明の国際標準にするように各国に求めている。

DCCは現在のところ、EU27カ国で運用されているほか、スイス、トルコ、ウクライナおよび州単位で相互協定を結んでいる。IATAによると、約60カ国が自国の認証の仕組みとしてDCCを活用することを検討しているという。

DCCは、IATAが開発するデジタル健康パスポート「IATAトラベルパス」とも互換性があるほか、欧州では博物館、スポーツイベント、コンサートなどへの入場でも活用されているところ。

DCCは、デジタルだけでなく紙のフォーマットでも取得することが可能。QRコードで検証と認証を行う。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…