読売旅行、添乗員同行の団体ツアーに「ワクチン・検査パッケージ」を導入、10月から、ワクチン接種か陰性が条件に

読売旅行は、 2021年10月から添乗員同行団体ツアーの全商品で「ワクチン・検査パッケージ」を導入すると発表した。 現在の感染防止ガイドラインを引き続き順守したうえで、ツアーの参加者を接種済み、もしくは検査陰性の人に絞り込む。

具体的には、ワクチンを2回接種し、2回目の接種から出発前日までに14日以上経過していること、出発日の3日前以降に採取した検体によるPCR検査または抗原定量検査で陰性であること、いずれかを参加条件とする。

すでに10月以降のツアーを予約した顧客に対しては、順次説明を行い、検査の希望者には郵送方式で検査を実施している民間検査機関を紹介するものとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。