ANA、法人向け国内線出張システムを刷新、出張者本人の立替払いが不要、予約から清算まで一元管理

ANAは、法人向け国内線出張システム「ANA@desk」の機能を刷新する。ジェーシービー(JCB)と共同開発した企業間決済サービスを利用する「ANA Biz」を2022年3月16日から開始、個人事業主の利用も可能になる。

「ANA Biz」では、「ANA@desk」での帳票出力可能な予約、搭乗の実績に加えて、精算実績の帳票出力も可能となるため、企業の管理者は予約から精算までの出張を情報を一元管理することが可能となる。

また、ANAウェブサイトのトップページからログインし、同一の予約システムを利用することも可能。航空券の精算では、JCBの企業間決済サービスを利用するため、出張者本人による立替払いが不要になる。このサービスは、カードを発行せずシステム連携するカードレス方式のため、航空券購入の際にカード番号を都度入力せずに安全かつスムーズに決済することができる。

さらに、航空券を発券した日に応じて1 か月単位で企業一括精算を行うことができるため、ANA ウェブサイトにおいて予約・発券から精算までを完結。JCBが新たに構築した法人用入会プラットフォームとの連動によって、ANAウェブサイトでのウェブ申し込みも可能となる。

「ANA Biz」の開始に伴い、現行の国内線出張サービス「ANA@desk」は2023年3月搭乗分までの取扱いとし、ログインおよび帳票等の確認サービスは2023年11月末で終了する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。