高速バスの安心推進へ、31社が連携でバス車内などで不織布マスク配布、コロナ対策を徹底

楽天トラベルらが事務局を務める「高速バス安心推進コンソーシアム」は、2021年10月15~21日の期間中、コロナ対策を徹底する「みんなで作るあんしん高速バス強化ウイーク」を実施する。今年8月に同コンソーシアムが実施した利用者アンケートから、みんなができる対策として「大声での会話を控える」「マスクの着用」との回答が多数に上ったのを受け、今後の協力願いを記したチラシとともに不織布マスクを配布し、感染予防の啓蒙を図る。

配布場所は各社バスターミナル、高速バス車内などで、参画事業者は全国計31社。高速バス安心推進コンソーシアムは、高速バスを運行する全国のバス事業者64社が、コロナ禍での高速バスに対する安心を醸成することを目的に2020年9月創設した。事務局は楽天グループ、WILLERが務めている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。