日本人脱炭素への行動、「貢献するとポイント付与」が人気、「もらったポイントでCO2排出量を実質ゼロに」も

博報堂は2021年9月、全国の生活者を対象に「生活者の脱炭素意識&アクション調査」を実施した。前回レポート「意識編」では、生活者は脱炭素への関心や意欲はあるものの、何をすればいいか分からない、情報がないと感じていることが分かったため、今回は「アクション編」として、生活者の脱炭素行動を促進するために効果的な情報やアプロー チを探った。

そのうち、脱炭素につながる行動が増える「メリット」について、「ポイントが貯まるなどの利用メリットがあること」「割引」「価格の安さ」などの金銭的メリットが上位に挙げられた。一方、年代別に見ると、Z世代や女性20~40代では「格好よい・カワイイなど、商品としての魅力があること」が全体よりも10ポイント以上高くなった。

また、サービスの利用意向についての問いでは、「脱炭素に貢献する買物や行動でポイントがもらえる」(65.9%)がトップ。「普段の買い物や移動内容などから自分の生活の CO2排出量がわかる」や「もらったポイントで購入した商品のCO2排出量を実質ゼロにする」など、排出量の見える化に関する項目が続く結果となった。

報道資料より脱炭素社会に向けて自分でもできそうだと感じる行動では、「ゴミのリサイクル、分別を徹底する」(61.6%) 「電気や水の使いすぎを減らす」(60.8%)で多く、「脱炭素商品の購入」よりも「買うのではなくリペアや再利用する」の割合が高くなった。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…