JR東日本、タクシー混雑情報をリアルタイムで提供、需要の可視化で待ち時間など予測

JR東日本は、日立製作所およびDX Cテクノロジー・ジャパンとともに「タクシー乗り場需要の可視化による交通行動の最適化実証」を東京駅で実施する。これは、東京駅八重洲口タクシー乗り場付近にカメラを設置し、データを取得・解析することで、タクシー乗り場の混雑情報を実証実験ウェブサイト上で提供するもの。実施期間は2022年1月5日~2月8日。

実証実験ウェブサイトでは、「リアルタイム混雑状況」「タクシー予想待ち時間」などを確認することが可能。また、JR東日本グループの各スマートフォンアプリ「Ringo Pass」「JR 東日本アプリ」「東京ステーションナビ」とも連携する。

今回の実証は、オープンイノベーションによってモビリティ変革を実現する場として設立された「モビリティ変革コンソーシアム」の枠組みで、Future Mobilityワーキング実証実験のひとつとして実施される。

実証実験ウェブサイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…