スキーやスノーボードの経験に大きな地域差、関東は「以前はしていたが今はしていない」が5割

アソビュー社が実施したスキー・スノーボードに関する調査で、北陸・甲信は約9割がスキーやスノーボードを「する」、関東は約5割が「以前していたが今はしていない」と回答するなど地域差が浮き彫りになった。調査は2022年2月17~21日にアソビュー!会員を対象に実施。4451人から回答を得た。

これによると、関東ではスキーやスノーボードを「する」が12.9%、「以前していたが今はしていない」が55.9%、「ほとんどしたことがない」が31.3%となり、若い時にスキー・スノーボードを楽しんでいたものの、今はしていないという人が半数を超えた。

一方、 雪が多い北陸・甲信では 「する」が89.8%と9割近く。九州・沖縄では、生涯でスキー・スノーボードを「ほとんどしたことがない」と回答した人が61.4%と6割を超え、雪が降る地方か降らない地方かによって、ウィンタースポーツに対する親和性の結果に大きく差が出た。

スキー・スノーボードをするシーンについては、「季節を感じられる」「冬の旅行先のメインコンテンツ」という季節のポイントのほか、冬だけ楽しめる「趣味」「スポーツ」として楽しむ人も多い。子を持つ親からは「子どもにさせておきたい経験として」という意見も多く見られた。

発表資料より

ゲレンデを選ぶポイントは、約6割が「ゲレンデの広さ・コースの充実度」を挙げた。「子ども向け・初心者向け施設」(14.8%)を求める声も少なくなく、「価格」は9.8%にとどまった。

一方で 「以前していたが今はしていない」「ほとんどしたことがない」と回答した人の理由は、「機会がない」(31.4%)、「ゲレンデまで行くのが大変」(19.8%)、「子どもが小さくて一緒に行けない」(9.7%)が上位を占めた。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…