日産、茨城県高萩市と観光活性化で実証実験、キャラバン提供して車中泊を提案

日産自動車は2022年3月28日、茨城県高萩市と「高萩市と日産自動車との車中泊体験の実証実験に関する協定」を締結した。宿泊施設の不足や交流人口の減少など、観光事業の活性化に課題を持つ高萩市に、日産キャラバンを提供。車中泊をベースとした市内観光の実証実験をおこなう。

実施日程は4月28日~5月17日。募集は10組20名を想定している。小学生以下の追加1名の同伴も受け付ける。SUPや釣りなど7種のアクティビティから2種を選択、5カ所の車中泊スポットから1種を選択、日産キャラバンのマルチベッドでの車中泊、1泊2食分の食事つきで、大人が1人6000円、小学生までが1人3000円。

車中泊をする際に必要になるのがトイレや水道、電気などのインフラ設備だが、空き家、公共施設などと組み合わせることで課題解決を図る。日産自動車は高萩市を皮切りに、他自治体や再生が必要な観光事業者にも今回をモデルケースとした観光活性プロジェクトを提案していきたい考えだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…