JR4社、指定席特急列車のシーズン別料金を見直し、GWなど「最繁忙期」を新設定、2023年4月から

JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州は、2023年4月1日乗車分から、新幹線を含む特急列車の料金を利用時期に応じた4段階に改定する。あわせて、混雑時期以外の利用を促進するため、年間の適用日カレンダーを見直す。

現在の指定席特急料金はシーズン別に3段階に分かれ、閑散期は通常期の指定席特急料金の200円引き、繁忙期は200円増しとなっているが、今後は利用が特に多いGW・お盆・年末年始の各期間については、通常期の400円増しの「最繁忙期」を新たに設定し、4段階の料金設定にする。

また、11月をはじめ秋の週末など利用が多い時期に繁忙期を設定するとともに、比較的ご利用の少ない4月、7月、8月下旬、10月上旬などの一部の平日にも新たに閑散期を設定する。

報道資料よりこのほか、JRグループでは、グリーン車および寝台車利用時の特急料金にも、新たにシーズン別の料金を適用。現在のグリーン車および寝台車利用時の料金から、閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し、最繁忙期は400円増しとなる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…